通販でオーダーカーテンを購入するときの失敗しないコツとポイント

できるだけ生地サンプルを取り寄せる

オーダーカーテンが欲しいときはインターネットを利用して通販で取り寄せると便利でお得です。
一般的にオーダーカーテンは既製品と比較すると価格が高い傾向がありますが、通販を利用すればお得に購入することができます。
その理由は店頭で購入する場合と異なり採寸スタッフや接客スタッフがいないためで、その分求めやすい価格で購入することができるのです。
またお部屋のイメージに合った生地やデザインを選べる、窓にピッタリあったサイズを選べることもできるのでとても魅力的です。
ですが通販でオーダーカーテン購入するときに忘れないようにしたいのが生地のサンプルを取りせることです。
パソコンの画面だけでは生地の質感や色味は伝わりづらいものです。
そのため仕上がったカーテンがイメージと違う、写真と色合いや質感が違うということがないようにできるだけサンプルを取り寄せます。
そうすればお部屋のイメージやインテリアとの相性、壁紙との微妙な色合いのマッチングを実際の生地で確認することができます。

採寸方法とスタイルを確認することが大切

オーダーカーテンの発注でもうひとつ注意したいのが採寸です。
オーダーカーテンは好みの長さに調整できますが採寸を間違えると、思っていたのと違うということになります。
一般的にはカーテンレールの長さを測って長さを決めますが、ショップによって採寸方法が違うので必ず確認することを忘れないようにします。
中には今使用しているカーテンの長さを測った、窓枠の長さを測って注文してしまったという失敗事例もあるので注意が必要です。
またオーダーカーテンを注文する際はサイズ以外にスタイルを選ぶ必要があることを知っておきます。
1.5倍ヒダや2倍ヒダ、フラットなどどのようなヒダのとり方をするかで部屋につけたときのイメージが違います。
1.5倍ヒダならカジュアルですし、2倍ヒダだと豪華で優雅な雰囲気を演出できます。
大柄な模様のカーテンであればフラットスタイルにすれば個性的です。
オーダーカーテンを作るときは開き方も考えます。
両開きが通常ですが、小さな窓や開かないタイプの窓に付ける場合は片開きもできます。

まとめ

通販でオーダーカーテンを購入するときに知っておくと役立つ情報を紹介しました。
既製品と違ってオーダーカーテンだとデザインや生地にとことんこだわることができます。
店舗で購入すると高価になりがちですが、通販だとわざわざ店舗に出向く手間を省けるだけでなく求めやすい価格で好みのカーテンを購入できます。
せっかくのオーダーカーテンなので届いてみたらイメージと違った、サイズが合わなかったというトラブルにならないようにここで紹介したことを参考に通販を利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。